2001年 4月2日 月曜日

 Hackley School の哲学


  先日 Hackley Highschool の罰則(1)(2)を見た。喫煙や暴力行為に対する罰則の厳しさは忘暮楼の在職校以上であるし、改善のための校長・教員の学生へのコンタクトも学ぶところがある。

 このような厳しさはどこから来るのかというと、この学校の教育方針からくるわけである。Hackley HS のサイトにこの学校のPHILOSOPHYが掲げられていた。

 それによると、この学校は大学準備教育を施す学校であるが、日本の進学校とはちがって、学生を市民の1人として認識し、学生と学校が地域の人々(コミュニティ)に積極的に参画していこうとしている。喫煙や万引きの処分の厳しさも、それがコミュニティの恥となるとの認識によるものである。アメリカ民主主義の根本的な要素として、自分自身および他人に対して責任ある行動を強く求めている点も学ぶべきところであろう。

 参考になるところがおおいので訳出してみるが、不明の部分もおおい。とくに最後の3つの文は理解しがたい。そこに限らずどなたか訳文についてのご教示をお願いしたい。

 

General Statement
一般ステートメント

Hackley School offers a rigorous, traditional, and personalized college-preparatory education to able and motivated students whose parents value education.
八ックレースクールは、教育を重んずる両親を持つ有能で意欲に満ちた生徒たちに、厳格で、伝統的で、各人の個性に適応した大学準備教育を提供する。

The academic program is rigorous: students encounter serious classes, demanding homework assignments, and an insistence on unreserved effort.
学問的なプログラムは厳格である。生徒たちは、家庭での学習課題と不断の努力が求められる厳しい授業に直面する。

The School is traditional: students are expected to dress and conduct themselves decorously.
本校は伝統的である。学生たちは服装と自己管理における礼儀正しさを期待される。

More importantly, Hackley exposes its students to classic texts and traditional disciplines, maintains an informed skepticism of educational fads, and attempts to inculcate the more serious elements of American culture the democratic ethic and the work ethic.
さらに重要なこととして、ハックレースクールは教育上のあれこれの流行には左右されず、生徒たちに古典的なテキストと伝統的な学科に触れさせ、また、アメリカ文化の重大な要素である民主主義の倫理と勤労の倫理を教え込む。

Hackley students are expected to be good citizens.
ハックレースクールの学生はよい市民であることが求められる。

The School shares with its parent community an active commitment to character development as well as academic excellence.
学校は、学問的な成果と同様、人格形成においても、学生の両親と積極的な責任を共有する。

Students are encouraged to have respect for and to act responsibly towards themselves and others.
学生は自分自身と他者を大切にするよう、また自分自身と他者に対して責任を持って行動するよう奨励される。

The School strives to provide an overall environment which supports the development of virtuous qualities and good personal habits.
学校は道徳的な資質と善良な個人的習慣を支える環境を提供するようおおいに努力する。

Hackley students are expected to go beyond mere observance of the rules and to strive to make Hackley a civilized community where courtesy, kindness, and forbearance reign, and incivility and intolerance are shunned.
ハックレーの学生は、規則の単なる遵守だけでなく、ハックレーを、礼儀、親切、および忍耐が統治する教養あるコミュニティにするために努力することが期待されている。

Hackley believes that students will grow in character and responsibility by participating in structured activity that serves the needs of people outside the spheres of home and school.
ハックレーは、学生が、家庭や学校の外にいる人々のニーズにかなう構造化された活動に参加することによって人格と責任感を身につけていくと信じる。

By committing their energy, time, and imagination to serving those needs, students can experience the satisfaction of serving others, and can gain some appreciation of the complexity and concerns of the larger community.
学生たちの活動力、時間、および想像力をこれらのニーズにかなう活動に投ずることによって、学生は、他人に尽くすことの喜びを経験し、世界の複雑さについてのいくらかの理解、およびより大きいコミュニティへの関心を得ることができる。

Accordingly, Hackley administers a Community Service program, encouraging and supporting regular student participation in a wide range of worthwhile activities.
そういうわけで、ハックレーは、コミュニティ・サービス・プログラムを実施し、やりがいのあるさまざまな活動への学生の定期的な参加を奨励し援助する。

A premise of the program is that all Hackley students, through involvement in a one-time or a continuing project, will participate actively in some phase of the service opportunities endorsed by the School.
このプログラムの前提は、すべてのHackley学生が、単発のまたは継続したプロジェクトへの関与を通じて、学校が承認するサービスの機会のある段階に活動的に参加することである。

The School is personalized, offering small classes, extra help, frequent communication with parents, student-teacher interaction outside the classroom, a predominantly residential faculty, and a high level of participation in team sports, coached primarily by the academic faculty.
ハックレーの独自性は、小規模授業、こまやかな指導、両親との頻繁な連絡、学生と教師の教室外でのふれあい、主に居住用の施設、専門分野の教師の指導するチームスポーツへのハイレベルな参加にある。

The School believes in a diverse student body and assigns a significant percentage of its budget to scholarships.
学校は多様性に満ちた学生集団の価値を信じて、その予算の相当のパーセンテージを奨学金予算に割り当てる。(注:この奨学金はscholarshipであるから返還しなくてよい。日本の奨学金はloanであることが多い。)

The literature studied is that which has withstood the test of mature criticism throughout time; the history program concentrates on the course of human events over the millennia during which our civilization evolved.
学習される文学作品は 時の流れによる十分な批判に耐えたものばかりである。;歴史関するプログラムは、我々の文明が進歩してきたこの数千年の人間的な出来事のあしどりに焦点を当てる。

Students study mathematics and the sciences, including computer science, for their logical discipline as well as for their power over the practical world; they study foreign languages for scholarly interest as well as for conversational application.
学生は、コンピュータサイエンスを含む数学と科学を勉強する。それは学生たちの実用的な世界における能力のためだけでなく、彼らの論理的な訓練のために成される。;彼らは会話能力の取得のためだけでなく、学問的な利益のために外国語を勉強する。

Families from more than thirty towns, villages, and cities of Westchester and the near edges of Rockland and Putnam Counties, as well as twenty- six foreign countries, make up the present "community." ウェチェスターやロックランド郡とパトナム郡の30以上の町、村、都市、および26カ国から来た家族ーが、現在の「コミュニティ」を形作る。

The School attracts the children of these families by doing certain things well.
本校は、これらの家族の子供たちを成すべきことを成すことによって引き付ける。

It does not aspire to comprehensiveness and is candid about the limitations of its remedial programs.
それは総合性を目指さず、その改善的なプログラムの制限について率直である。

Although eager to help students overcome their academic shortcomings, Hackley does not believe in diverting resources from its ablest students.
ハックレースクールは学生たちが学問上の未熟を克服することを援助することには常に留意するが、その最も優秀な学生たちから人的資源をそらすことには価値を見出さない。