別紙之通將校及ヒ同相當官ノ戰功取調進達候間相當ノ御詮議相成度此段申進候也
明治二十八年五月十三日
後備步兵 獨立第十九大隊長 南小四郞 印印
朝鮮國 特命全權公使 伯爵 井上馨 殿

陸軍步兵中尉 鯉登行文
右ハ東學黨征討ノ際大隊副官ニシテ能ク東徒剿滅ノ画策ニ參與シ且ツ至明附近ノ戰鬪ニ在テハ彈雨ノ中ニ在テ戰鬪線ヲ指揮シ特ニ連山縣ノ戰鬪ニ於テハ大隊長ノ意圖ヲ以テ前衛ノ運動ヲ指揮シ歸リテ寡少兵ヲ以テ後方ニ在ル數萬ノ賊徒ヲ擊退シタル等東學黨討滅ニ就テハ特ニ勳功顯著ナル者

陸軍步兵少尉 桑原榮次郞
右ハ當大隊東學黨征討ノ爲メ全羅道地方ニ前進スル際軍路測量隊ノ護衛トナリ一小隊ヲ率ヒ淸州及報恩附近ニ於テ東徒ト戰鬪シ身微傷ヲ蒙リタルニモ關セス其地方ノ東徒ヲ全滅シタル等ノ功勞アル者也

陸軍一等軍醫 高橋春庵
右ハ當隊東徒ヲ追擊シテ全羅道ニ至ル途中恩津ニ於テ大隊ニ附屬シ爾來義兵ノ傷者病者ハ勿論 全羅道羅州城ニ於テ東徒ノ首領全琫準崔景善其他韓兵ノ負傷者等ヲ治療シタル等ノ功勞アル者也

陸軍三等軍醫 馬嶋繁次郞
右ハ東徒征討ノ爲メ大隊本部ト共ニ淸州街道ヲ進ミ至明ノ戰鬪ニ於テ第十八大隊ノ地雷ニ係リタル兵卒ヲ治療シ且ツ連山ノ戰鬪ニ在テ戰鬪線ヲ巡回シ負傷者搜索ヲ勉メ戰死者杉野寅吉ヲ發見シ又タ全羅道羅州城ニ於テ東徒ノ首領全琫準崔景善其他韓兵負傷者ノ治療ヲ爲シタル等ノ功勞アル者也

陸軍三等軍吏 野崎則義
右ハ龍山兵站司令部附以來引續東學黨四方ニ蜂起スルニ際シ彈藥糧食ノ追送ニ最モ盡力致シタル等ノ功アル者也

陸軍步兵大尉 松木正保
右ハ東學黨征討ノ爲メ東路分進隊長(第一中隊)トナリ忠州街道ヲ前進シ東徒ノ抗抵ニ遭遇セサルモ山間ノ嶮路ヲ行進シ東徒ヲ西南方ニ窮追セシメタルノ功アル者也

陸軍歩兵少尉 植野俊成
右ハ東學黨征討ノ爲メ東路分進ノ第一中隊ノ小隊長ニシテ東徒ヲ窮追シテ羅州ニ至リタル時支隊長トナリ長興及有鶯洞ノ戰鬪ニ於テ功勞アル者也

陸軍步兵大尉 森尾雅一
右ハ東學黨征討ノ爲メ西路分進隊長(第二中隊)トナリ公州街道ヲ前進シ公州 論山附近ニ於テ戰鬪シ功勞アル者也

陸軍步兵特特務曹長 鈴木政吉
右ハ東學黨征討ノ爲メ公州街道ヲ前進シタル第二中隊ノ小隊長ニシテ公州論山附近ノ戰鬪ニ於テ能ク其部下ヲ指揮シ賊徒ヲ擊退セリ又タ全州ヨリ追擊隊長トナリ泰仁 院平附近ニ於テ劇戰シ遂ニ賊徒ヲシテ全羅道ノ西南方ニ退却セシメタル等ノ功勞アル者也

陸軍步兵中尉 赤松國封
右ハ東學黨征討ノ爲メ公州街道ヲ前進セシ西路分進中隊ヨリ分遣勝戰谷附近ニ於テ數萬ノ賊徒ト出會シ能ク之ヲ擊退セリ又タ已ニ陷落セントシタル洪州城ヲ防禦シ賊手ニ渡サス終ニ之ヲ擊退シタル等ノ功勞アル者也

陸軍步兵大尉 石黑光正
右ハ東學黨征討ノ爲メ大隊本部ト共ニ中路分進隊長(第三中隊)トナリ淸州街道ヲ前進シ至明及ヒ連山附近ニ於テ戰鬪シ功勞アル者也

陸軍步兵中尉 米原熊三
右ハ東學黨征討ノ爲メ中路分進ノ第三中隊ノ小隊長ニシテ  シバシバ支隊長トナリテ分進シ  特ニ連山縣ノ戰鬪ノ際前衛司令トナリ能ク數萬ノ敵ニ當リ賊徒ノ前進ヲ防止シ終ニ之ヲ退却セシメ  追擊二里餘ニ及ヒ最モ此ノ戰鬪ニ於テ功勞アル者

陸軍步兵特務曹長 武内眞太郞
右ハ東學黨征討ノ爲メ中路分進隊ノ第三中隊ノ小隊長ニシテ至明附近ノ戰鬪ニ於テ其部下ヲ指揮シ又タ連山縣ノ戰鬪ニ在テハ初メ支隊長トナリ恩津方向ニ前進セシニ途中數萬ノ賊徒ニ包圍サレ終ニ其圍ヲ切リ破リ本隊ニ合セシ等ノ苦戰ヲナシ且ツ歸路大芚山ノ殘賊ヲ剿滅シタル等ノ功勞アル者也


注:下関守備隊当時の職員表と比較すると、軍医と軍吏が替わっていることと、小隊長であった見習士官・楠野俊成の名が見当たらない点以外は同じである。